坐骨神経痛がよくわかる

坐骨神経痛の治療で、もっとも一般的なのが「薬物療法」で、軽度の坐骨神経痛の場合に良く用いられます。

off
2014年2月11日

薬物療法による坐骨神経痛治療

坐骨神経痛には、さまざまな治療方法があります。

坐骨神経痛の治療で、もっとも一般的なのが、「薬物療法」です。

薬物療法とは、非ステロイド性消炎鎮痛剤や鎮痛剤、オピオイド、麻酔薬などを使って、坐骨神経痛による痛みやしびれを軽減させたり、一時的に緩和させたりする方法です。

薬物療法によるメリットは、薬を飲むだけなので簡単であること、治療による身体的苦痛を伴わないこと、などが挙げられます。

参考⇒http://www.fmga.org/

一方、デメリットとしては、即効性が期待できないため長期間の服用が必要になる場合があること、副作用によって胃炎やふらつき、めまいなどを起こしてしまう可能性があることです。

また、薬物療法は重度の坐骨神経痛を治すのには適していないとされており、比較的軽度の坐骨神経痛、または他の治療方法と合わせて用いられる場合が多いです。

市販薬もありますが、自己判断での薬の服用は危険です。

必ず専門家に相談した上で、薬物療法を始めましょう。